会社を設立した場合に必要な印鑑

イメージ画像

会社を設立した場合、どういう印鑑が必要になってくるのでしょうか。
会社を設立する場合は、それぞれの目的や書類によって印鑑を3つ揃える必要があります。

まず一つ目に「会社代表印」というものがありますが、これは、会社の実印として、法務局に登録するための印鑑です。
これがなければ、法務局に登録できないので、必ず会社設立する前には、用意していなければいけません。
大きさは、規定があり、一辺8mmから25mmの正方形の中に収まるものと決められています。

二つ目に、「会社銀行印」ですが、会社用に銀行口座を開設した際に、銀行とのやりとりの為に使用する印鑑です。
会社銀行印は、会社用の実印でも大丈夫ですが、別に作った方が、セキュリティー面でも安心ですね。

三つ目には、「会社角印」です。
これは、会社で実務を行う際に、請求書、領収書、また契約書などといった書類を作成する場合に使用したりする印鑑です。

このように会社を設立する際には最低でも3つ揃えなければいけませんが、会社で使用する印鑑には「認印」も必要です。
認印は、どういった時に使用するのかというと、簡単に言えば、宅配便の受領印ですね。
「受け取りました」ということを証明するための、気軽に押せる印鑑のことです。
認印は、契約書類といった重要書類に押す印鑑とは違って気軽に押せる印鑑です。
基本的に、こういった受領印は朱肉が要らないシャチハタでOKとされていますが、銀行などで使用する「認印」は、朱肉が必要な認印でなければいけない場合もあります。

このページの先頭へ